自爪ケアについて


通常、ジェルネイルやジェルスカルプチュアをする際に、自爪の表面を傷つけます。
これをサンディングと言います。

サンディングの際に出来た溝に引っかけるようにジェルが定着します。
少し傷を付けるだけなので、通常さほど傷みません。

でも…
・日常生活の中で手をぶつけた
・浮いて来たジェルを無理やりはがした
・オフの際、ネイリストの手によって削られてしまった
・結構たくさんサンディングされていた

などの理由により爪が薄くなってしまった人がいます。

自爪で過ごせない程傷み、お湯が染みたり
ライトに入れた際に硬化熱を強く感じたり
オフをした後アルミホイルを取ると白くなっていたり。。

そんな爪を再生できるのがノーサンディングジェルのParaGelです。